2009年5月27日の日記「枝豆で死にかけてしまった」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2~3日前のことだ。

長男の好物枝豆を解凍して(冷凍のやつね)
二女と長男と一緒にしゃべりながら食べていたら・・・

突然スイッチが切れたように
自分の動作が固まって止まってしまった(×。×)

苦しいとかじゃないんだけど
本当にピタッと止まった状態(×。×)

二女&長男「どしたん!?Σ( ̄□ ̄lll) Σ( ̄□ ̄lll) 」

2~3秒経っただろうか・・・

私は固まったまま
(あら?枝豆喉につまったんかな???)
と思い、飲み込もうとしたんだけど
ホンマ、全身(口の中も)固まってどうにもならない(×。×)

(え?もしかしてこれヤバイ状態なん???)
と、冷静に考えた私。

全然しんどくないし焦ることもなかったから
後で考えると不思議だ( ̄▽ ̄;)

次の瞬間、私は無意識に咳をした。
そしたら枝豆がキレイな形のまま勢いよく飛び出した=3

そこで久しぶりに息をした私(^。^;
久しぶりって言っても多分10秒くらいの間の出来事だったんだろうけど…
二女がかなり驚いて焦ってた(;^_^A

私「いやぁ~枝豆で死ぬところだったぁ~(^▽^)ヾ」(←なぜか爆笑)

二女「ちょっとぉ~そんな死に方されたら私が大変なんじゃけね!」

あの固まった状態があと20秒くらい続いてたら
めちゃめちゃ苦しんで・・・
そりゃ、嫌だわ(>_<;)

お年寄りがお餅詰まらせて…とかって話はあるけど
なるほどああいう状態なのかと思ってしまった( ̄  ̄;

実は脳脊髄液減少症の症状で
これに近いことは今でもわりと頻繁にある私。

詰まらせるほどじゃないんだけど
気象の影響や無理をして調子悪くなったときは
食べたり飲んだり(←お酒じゃないよ。お茶とかよ。)するときに
一瞬戸惑うんだ。

その瞬間は「飲む込む」ということを忘れてしまっていて
頭の中は
(あれ?飲み込むってどうやるんだったっけ???)
っていう状態。

傍から見ていてわかるほどの時間じゃないかもしれない。
でも自分では
口に含んでから飲み込むまでに考える時間がある。
そこで間違えると大変なことになりそうな・・・そんな感じ。

この脳みそや体にも慣れてるから
(ああ、まただ。)
って自分でわかるようになって
落ち着いて「飲み込む」っていうことを思い出す。

お年寄りや脳に重症を負った人は自分じゃ説明できないと思うから
ちょっと書いてみた。

枝豆で死んだら伝説になってたかも。。。(^^;
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。