2008年7月25日の日記 「1978年の私へ」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年7月25日

タイムマシーンはないので、届かない手紙だけど
ふと思いついて書いてみた

++++++++++++++++++++

1978年にいる10歳の私へ

今は2008年、30年後の未来です。
今日、私は40歳になりました。

30年後の世界はどうなっているかというと…

まだ車は空を飛んでいません。
宇宙旅行もできません。

日本はずっと戦争をしていないけれど、
世界のどこかではいつも争いごとが起き、
それに巻き込まれて命を奪われたり
傷ついたりする人たちが大勢います。

事件や事故はたくさんあるし、
悪いことをする人たちも大勢います。

残念ながら良い世界になったよと
自慢できるような状態ではありません。

この30年、いろんなことがありました。
私はずっとこの町に住んでいます。

かなり人口が減ったのに
あまり使わない道路や橋や大きな建物ができたりして
田舎でも自然が減っています。

結婚しない人が増えました。
子どもを産まない人も増えました。
子どもの数が減り、小学校の数も減りました。
田舎の人口はどんどん減っています。

みんな長生きをするようになったから
お年寄りがたくさんいます。
100歳の人もめずらしくないくらい。

いろんな技術が発達したので
多くの家庭にコンピュータがあります。
それを使って日本中はもちろん、
世界中とすぐに連絡を取ることができます。

それから、
携帯電話という手のひらに乗るような小さな電話を
ほとんどの人が持っています。
電話として使うだけでなく
小さな画面がついていて文字を入れることができ、
それを世界中に送ることもできます。
小さなコンピュータです。
コードはついていません。
平たい小さな電池が入っています。

居場所がわかる発信機の役割をしたり、
お金を払う代わりに使えたり、カメラもついてるし…
いろんな機能があるから
まるでドラえもんの道具のようです。

私はというと…

ピンクレディーのようにはなれませんでした。
大学には行けませんでした。
保母さんにもなれませんでした。
(今は保母ではなく保育士と言います)

早くに母親となって
4人の子どもたちと楽しく生活しています。
でも、今は独身だから ダンナさん募集中だけど…

あなたはこれから
家族や親戚との悲しい別れ、
いろんな人との出会い、
楽しいことも苦しいことも
嬉しいことも悲しいことも
本当にいろいろなことを経験します。

平均寿命は80年を超えてるから
今の私の年でもまだ人生の半分までいっていません。

これからもいろんなことがあると思うけど
周りの人に助けられながら
気ままでわがままなおばちゃんおばあちゃんに
なっていくのかなと思っているところです。

今の私は大きな病を背負っていて
辛いことがいっぱいあるけれど…
それでも、いつも幸せです。

だから安心して未来へ来てね。

2008年7月25日  40歳の私より

++++++++++++++++++++
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。